ATM出金手数料無料!必ず作ろうこの口座


 ATMを使って自分の預金を引き出す。ごく普通の行動ですが、これを平日昼間の時間帯以外に行うと、たちまち時間外手数料がかかってきます。また、自分の生活圏内であれば、どこのATMを使えば手数料が不要なのか分かっていても、旅行などで知らない土地に来てお金が必要になったとき、他行手数料がかかるATMばかりで、仕方なく手数料を払ってしまうこともあるでしょう。
 そんなときに、時間と場所に縛られないカードがあればいいと思ったことはありませんか?

 ある基準を満たせば時間外手数料、他行手数料が無料になる銀行口座はいくつか存在します。でも、その基準が高かったり、基準を満たしても使えるATMが限定されたりと、一長一短なものがほとんどです。
 基準が低くて、出来るだけ多くのATMで使えたら言うことなしですが、そんな期待に応える口座が存在します。
 それがスルガ銀行ダイレクトバンク支店です。

 E*トレード証券に口座を開設して、そこへの即時決済サービス「ネットデビット」に登録すれば、それで基準クリアです。もちろん、証券会社の口座開設やサービス登録に手数料は一切かかりません。
 そして、使えるATMはMICS提携金融機関、シティバンク、すべてのコンビニATM、イオン銀行、ゆうちょ銀行です。つまり日本のほぼすべてのATMが無料で使えるのです。【スルガ銀行、セブン銀行、E-net以外では、厳密には即時キャッシュバック(いったん手数料が差し引かれ、その直後に返金される)となります】
 入金については、スルガ銀行、セブン銀行、E-net、タウンネットワークサービス、ゆうちょ銀行のATMが使えます。こちらも当然のことながら無料です。

 スルガ銀行は静岡の地方銀行ですが、これだけ使えるATMがありますから、住んでいる場所がどこであろうと、必ず口座を作りましょう。

 ATM出金手数料無料では新生銀行が知られています。次の振込手数料無料の項目では新生銀行を紹介していますので、わざわざここで違う銀行を取り上げなくても、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 そこでスルガ銀行ダイレクトバンク支店と比べた新生銀行の違いを取り上げてみます。

 使えるATM:新生銀行と全都市銀行、信託銀行4行、あおぞら銀行、商工中金、セブン銀行、ゆうちょ銀行です。なお、コンビニATMはローソン、E-net、タウンネットワークサービスが使えません。かなり使えると思われるかもしれませんが、地方都市に行くと実質使えるのはゆうちょ銀行のATMのみ、というところもよくあります。ですから、慣れない土地では他の銀行を見つけても、ゆうちょ銀行が分からなくて困ってしまう、ということもあるでしょう。

 キャッシュバック:新生銀行、セブン銀行のATM以外では、いったん手数料が差し引かれ、1ヶ月分をまとめて翌月初旬にキャッシュバックされます。つまり、場合によっては1ヶ月間手数料が差し引かれたままになってしまいます。

 最大使える時間:新生銀行とセブン銀行のATMでは24時間使えます。この点では新生銀行のほうが便利です。なおスルガ銀行では、スルガ銀行、セブン銀行、E-net、タウンネットワークサービスのATMで平日の0:30から23:30まで、土日祝日は9:00から21:00までです。でも、私は夜中に使えなくても構わないと思っていますので、この点は無視しています。

 以上の点から、ここでは新生銀行よりもスルガ銀行ダイレクトバンク支店をおすすめしています。もちろん、上の違いを理解された上で、新生銀行でも構わないという選択もありだと思います。
No.2へ

銀行で得する方法 目次へ 銀行で得する方法 目次へ