口座間の資金移動に証券会社を活用


 銀行の口座を複数持っていると、口座間で資金移動を行う場合があります。同じ銀行なら、振替によって手数料無料で資金移動を行うことが出来ますが、別の銀行であればその方法は使えません。

 たとえばA銀行からB銀行へ資金移動を行う場合、どんな方法が考えられるでしょうか。
 A銀行のATMでお金を引き出し、それを持ってB銀行へ行き預金する。2つの銀行が近ければいいですが、遠い場合は面倒ですし、高額であれば盗難の心配もあります。
 B銀行のATMでA銀行のお金を引き出しそのままB銀行へ預け入れ。これだとその場で完結するので便利ですが、引き出し時に普通は他行手数料がかかります。
 A銀行のネットバンキングでB銀行へ振り込み。もちろん先に紹介した銀行でなければ振込手数料が必要です。

 ネット上で完結できれば便利だし、手数料もかからなければ、なお言うことなしなんですが、資金移動に数日かかってもいいならば、その方法があります。

 それは証券会社を使います。A銀行から証券会社の自分の口座に振り込んで、B銀行の自分の口座へ出金させる。これでOKです。
 A銀行からそのまま振り込んでは当然振込手数料がかかりますが、即時決済サービスを使えば、多くの場合手数料無料で振込が出来ます。そして、ほとんどの証券会社が出金手数料を無料にしていますので、これを活用します。
 なお、出金については即時ではなく、出金依頼をした翌営業日とか翌々営業日になるところがほとんどです。

 これが使える証券会社はいろいろありますが、ここでは松井証券をおすすめします。
 当然のことながら、即時決済サービス・出金手数料は無料です。
 即時決済サービス(松井証券ではネットリンク入金という)を使える銀行が多い。私が知っているなかでは一番です。具体的には、ジャパンネット銀行ゆうちょ銀行三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行イーバンク銀行スルガ銀行セブン銀行京都銀行の9つです。

 そして、出金に関しても便利さでは松井証券が一番です。
 出金先の銀行口座は証券会社へ届け出をしておかなくてはなりませんが、それを変更する場合、書面で提出しなければならない証券会社がほとんどです。それが松井証券の場合、ホームページ上で届け出変更が出来ますから、書面だと1週間程度かかるものが、即時に手続きできます。
 つまり、今日はA銀行へ出金依頼、明日はB銀行へ出金依頼なんてことも可能です。
 それに出金先に、ゆうちょ銀行とイーバンク銀行も指定できます。ここまで指定できる証券会社はそうないと思います。

 これで資金移動はばっちりですね。
No.2へ No.4へ

銀行で得する方法 目次へ 銀行で得する方法 目次へ