2006年7月15日〜18日 グレートバリアリーフ 画像集はこちら
潜水回数 日付 ポイント名 潜水時刻 最大水深
257 7/15 コッドホール 09:06〜09:32 19.0m
258 7/15 コッドフィード 11:11〜11:55 14.8m
259 7/15 ピクシーピナクル 15:17〜15:55 18.1m
260 7/15 チャレンジャーベイ 18:48〜19:26 18.8m
261 7/16 オスプレイリーフ ノースホーン 08:51〜09:29 29.3m
262 7/16 オスプレイリーフ シャークフィード 11:09〜12:00 26.5m
263 7/16 オスプレイリーフ ラウンドザベンド 14:18〜15:07 19.0m
264 7/16 オスプレイリーフ エントランス 16:31〜17:19 18.4m
265 7/17 アンディーズポストカード 08:23〜08:56 28.3m
266 7/17 スティーブスボミー 11:10〜12:00 25.0m
267 7/17 2 2/3 14:50〜15:39 17.4m
268 7/17 2 2/3 18:34〜19:18 16.1m
269 7/18 スピリットボニー 07:03〜07:51 14.7m
270 7/18 スピリットボニー 09:00〜09:53 18.8m

 GBRでのダイブクルーズに使ったのは、TAKA DIVEです。ここを使った強い理由は特になく、有名どころだからといったものでした。一つ確認したのは、日本人スタッフがいるかどうかといったことぐらいです。

 今回のクルーズのゲストは31名、スタッフは11名です。で、ゲストのうち日本人は4名。こんな状況ですから、クルーズ中はほとんどが英語、当然ブリーフィングも英語。9割以上の英語を理解できない私としては厳しいものがあります。でも、日本人スタッフのおかげで要点はきちんと押さえられ、辛かったということはありませんでした。

 そして、オーストラリアでのダイビングスタイルは、ガイドを中心としたグループダイビングではなく、バディダイビングが中心で、今回のクルーズも例外ではありません。

 しかし、リクエストをすればガイドをつけてくれるので、最初はそのスタイルで潜っていました。とは言っても、ガイドは先頭にいるだけで、日本のように何かを見せてくれるわけではありません。ですから、バディダイビングに挑戦することにしました。

 で、バディになったのは日本語の話せない方。ほとんどバディダイビングの経験がない私が、さらに、バディとのコミュニケーションがなかなか取れないので、どうなることやらと思ったのですが、海の中ではハンドシグナルですので、その点の心配は不要でした。

 そして、バディダイビングといっても2人だけで潜っているわけではなく、他の人たちも同じように潜っているわけですから、その方たちの進む方向を参考にすれば、コース取りを迷うといったことはありません。ほとんど経験のないバディダイビングでしたが、案外簡単でした。自分たちの思う通りにやればいいので、ある意味グループダイビングよりも、楽でもありました。

 クルーズ中晴れることはあまりなく、曇りとか雨の時もありました。おかげで、うねりがよくありました。エントリー時やエキジット時はもちろん、夜寝ているときも大きく揺れますから、気分が悪くなることもしばしば。

 ダイビングの内容としては、フィード(餌付け)ダイビングもあり、カスリハタやリーフシャークを間近で見ることができます。もちろんいろんなサンゴがありますし、GBRの固有種を見ることもできました。天候の影響か、ちょっと濁っているのでは、というダイビングもありました。

 あと、私は見られなかったのですが、マンタもいたとか。そのときの映像を見せて貰ったのですが、ゆったりと泳いでいて、癒されるような感じです。

 船は大きく、ラウンジにはソファーもありました。疲れればそこでウトウトということも。食事については白ご飯がないこともあり、日本人にはちょっと物足りないかも。でも、いろんなものがあって、味はよかったですね。

 5日間のクルーズでしたが、過ぎてしまえばあっというもの。ずっと一緒にいた仲間との別れは、何となく寂しいもの。また、クルーズに参加するんでしょうね。

 ほぼ満足のクルーズでしたが、ただ一つ心残りは、私がほとんど英語を話せないこと(^^;。英語を話せたら、もっとコミュニケーションを取れるのにと思うと、もったいないなぁ、という気がしました。

 これまで何度も海外に行っていますが、日本人向けのところに行くことがほとんどで、それほど不自由に感じたことはありませんでした。ですが、今回は自分の英語力のなさを痛感しました。

 今すぐは英語の勉強は難しいけれど、司法書士試験に合格したら、駅前留学だなぁ… 


トップページへ トップページへ