1997年7月30日水曜日

 先日行われた、阪神電車の山陽姫路初乗り入れ
に続き、今度は山陽電車が阪神梅田に乗り入れま
した。そのときの様子です。
 使用車両は最近営業運転し始めたばかりの、山
陽の5030系です。運転ダイヤは先日の阪神電
車の試運転と同様、右図のように途中御影で折り
返しての、一部2往復で行われました。撮影ポイ
ントは矢印の3カ所です。
西宮駅にて
西宮駅へ初めて現れた5030系
左にあるのは、現在建設中の高架橋です
発車直後の光景
反対車線に、阪神5500系があります
 いつもは阪神を使わないので、試運転車両の運行パターンが分からず、果たして西宮駅に停車するものかと
思いながら、5030系が現れるのを待っていました。結果的に、運転停止をしてくれてまずまずの写真が撮
れました。ここには乗務員の詰め所がありますが、そこから山陽車両を一目見ようと出てきた人が多かったで
すね。
尼崎駅にて
いったん梅田から戻ってきました
右手に見えるのは尼崎車庫です
乗り入れ運転開始後は、山陽車両はほとんど使わない
であろう4番線に停車して、西大阪線車両との並びが
実現
 今回の試運転では5030系は特急待避のために、
計4度通る尼崎で比較的長く停車しました。そのため
か、いろんな角度からの写真を撮ろうと、たくさんの
方が撮影に来られていました。
尼崎の複雑なポイントを通って、御影へ向かいます
梅田駅にて
1番線に5030系が登場
やはりやってくれました、「山陽姫路」の表示
2番線特急との並びには、柱のおかげでうまく撮れず
撮影する人があまりいない、西口から撮ってみました 今日のお仕事を終えて東二見車庫に戻ります
 最後は梅田駅での撮影です。前回の姫路駅と違って、夏休み中であり、都会であるため、撮影する方はたく
さんいました。私は2度目の梅田乗り入れ時を撮影しましたが、1度目のときはテレビ局の方も撮影に来られ
て、夕方のニュースで放送されたよう。駅構内の放送では試運転であるとの放送だけで、梅田姫路間の乗り入
れ運転については何も触れられませんでした。ここに、阪神と山陽の意気込みの違いが感じられるような気が
します。

きまぐれ日記 鉄道編・目次へ 鉄道きまぐれ日記・目次へ